アトピーの症状は、遺伝が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)なんでしょうか。 もし、自分がアトピーの症状で悩んでいる場合、子供が産まれたらその症状を受け継いでしまうのか、心配んですね。 では、実際のところはどうなのでしょう? 親からの遺伝は、アトピーの原因の全てではないものの、一因にはなりえます。 アトピーの原因で一番最初に挙げられるのは、食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)や部屋の衛生状態などの環境要因です。 その他に、遺伝性要因というのも挙げられます。 あるデータによると、片親がアトピーだった場合の子供の発症率は30%で、両親ともアトピーの場合は70%になります。 このデータだけを見たら、やはり遺伝が原因と考えがちだからといって、両親ともアトピーでないのに子供が患うパターンも存在します。 ですから、遺伝が全てではありません。 しかし、遺伝も原因の一つである事には変わりません。 今後、出産を控えている家庭では、両親のどちらか、或は、両方にアトピーの症状がある場合は、子供も発症してしまう可能性があります。 それに備えて、事前に十分に対策を練るのも良いと思います。 アトピーの子供が生まれても、環境改善次第で症状は良くなりますー